すべてのスタッフがジャンルにとらわれず、あらゆる仕事に携わるよう心がけております。それにより、得意分野を持ちながらもオールマイティな人材が育ちます。 その考えは、音響と映像の垣根も飛び越え、両方のプランニングオペレーションを同じ人間が行うこともでき、より幅広いご要望にお答えできます。
「ミュージカルや芝居に込められた伝えたいことをいかに正確にオーディエンスに伝えるか」が、我々の役割です。 積極的なコミニケーションをとることで、演出意図を理解し、それに応えられるだけの技術的な引き出しを持つことで、あらゆる要望に応えられるよう日々、努力と経験を重ねております。
多くの施設の音響設備を使う側として、見てきました。 どうすれば使いやすくなり、どんな使い方ができると便利かそれを知る弊社だからこそ考えられるシステムを提案するよう心がけております。
映像技術の進歩と機器の低価格化により、効果的なプレゼンテーションを行う上で映像機器は、無くてはならないツールとなっております。 ニーズの拡大に伴い、弊社では年間数十本に及ぶセミナー業務を行っており、その数は年々増加しております。 弊社では、多くの業務で培ったノウハウを生かし、スムーズなセミナー運営に貢献しております。